ペーパーさんいらっしゃい!ペーパードライバー教習Ranking

top > 教習について > ガソリンスタンドの使い方もペーパードライバー教習で学べる

ガソリンスタンドの使い方もペーパードライバー教習で学べる

教習所に通い、念願の免許を取得してまず立ちはだかるのがガソリンスタンドでの給油です。
親や車に詳しい友達がいれば、身近な人に聞いてしまえば良いのですが、一人暮らしをしていて気心の知れた友人が近くにいない場合、なかなか難しい相談になってしまいます。ガソリンスタンドの使い方は教習所で習うものではなく、また最近はセルフ形式のスタンドが増えているため一人での給油は車を乗るうえでの必須科目となります。
ネットや雑誌などで情報を集めることも良いですが、機会があればペーパードライバー教習のサービスに申し込んでみることをおすすめします。

ペーパードライバー教習とは、通常、以下のような人が申し込むサービスです。
免許を取得した人が路上を運転するのにまだ自信がなく、プロの方に教わりながら生活道路を運転したい。運転免許を取得したのがかなり昔で、久しぶりに運転するのが怖い。車を運転する機会は少ないが、勘を鈍らせないように定期的に運転をしたい。つまり、運転に不安がある方が利用するサービスなので、車に対しての知識不足や確認を行いたい方にぴったりです。実際の運転では、自動車教習所で習わなかった出来事にたくさん遭遇します。
不安を抱えながら運転をするよりも、一度、じっくりと相談できる機会をもうけるべきです。

ぺーパードライバー教習の一番の利点は、自分の普段利用する車で、普段利用する道路を走ることができるということです。
他人の車で知らない道路をいくら練習するよりも、効果はてき面となります。運転で気を付けなければいけないポイントや、自分では気づかなかった町中の危険な箇所など車に詳しい人と一緒に運転することにより、効果的な運転技術のレベルアップを狙うことができます。男性の方でおおく見受けられるのは、運転免許証をもっているのに、もう一度、講習と名が付くものに参加するのは恥ずかしいという意見です。気持ちはわかりますが、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいます。
分からないことをそのままにしなんとなく運転を続けるよりも、講習を受けることにより、自分の運転技術に自信が持てるのならば積極的にうけるべきです。
免許をとることはゴールではなく、免許を取ってからはじめて沸いてくる疑問はたくさんあります。
わからないことを放置していることが一番危険な行為となります。誰もが最初は初心者なのですから、ペーパードライバーを恥ずかしがらずに便利な制度をどんどん活用し、自分の運転に自信が持てるようになればそれが一番素晴らしいことです。

次の記事へ

カテゴリー